読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hint!

日々気付いたことをブログで残しています。行き当たりばったりです。

Audible Audioで聞ける! 少女が主人公、面白そうな英語の児童書メモ(2015年2月)

英語多読のため、児童向けの小説を米国Amazon.comで漁ったのでメモ。
奇しくも気になった本は、みんな女の子が主人公でした。

少しずつ買って読んで行こうと思います。

 

The Book Thief
The Book Thief

The Book Thief

 

・Length: 578 pages (Contains Real Page Numbers)
・Word Wise: Enabled
・Audible Audio Edition:有

2007年に早川書房から翻訳が出された『本泥棒』の原作。
2013年には『やさしい本泥棒』というタイトルでアメリカでドラマ映画化された。
日本では劇場公開無し、2015年1月7日にソフトレンタル開始とのことで、ランキングに上がってきた模様。

読書好きなら「本」に関する小説は気になってしまうもので、タイトルで「オッ」と思った作品。
ヤングアダルト作家が、大人向けに書いた小説らしい。

ストーリーはナチス政権下、里親と暮らす読書好きの少女の物語。

わたしは死神。自己紹介はさして必要ではない。好むと好まざるとにかかわらず、いつの日か、あなたの魂はわたしの腕にゆだねられることになるのだから。

これからあなたに聞かせる話は、ナチス政権下のドイツの小さな町に暮らす少女リーゼルの物語だ。彼女は一風変わった里親と暮らし、隣の少年と友情をはぐくみ、匿ったユダヤ人青年と心を通わせることになる。

リーゼルが抵抗できないもの、それは書物の魅力だった。墓地で、焚書の山から、町長の書斎から、リーゼルは書物を盗み、書物をよりどころとして自身の世界を変えていくのだった……。

アンネの日記』+『スローターハウス5』と評され、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどで異例のベストセラーを記録中の、新たな物語文学の傑作。

著者マークース・ズーサックは、1975年、ドイツとオーストリアから移民してきた両親のあいだに、オーストラリアで生まれた。

1999年の第一作The Underdogを皮切りとする自伝的要素の濃い「ウルフ三部作」を発表し、ヤングアダルトの作家として注目を浴びる。2002年刊の『メッセージ』で、オーストラリア児童図書賞、プリンツ賞のオナー賞を受賞している。

本書『本泥棒』は大人向けに書いた初めての作品で、出版後たちまち《ニューヨーク・タイムズ》ベストセラーにランクインし、異例のロングセラーを続けている。

 The extraordinary #1 New York Times bestseller that is now a major motion picture, Markus Zusak's unforgettable story is about the ability of books to feed the soul.

It is 1939. Nazi Germany. The country is holding its breath. Death has never been busier, and will become busier still.

Liesel Meminger is a foster girl living outside of Munich, who scratches out a meager existence for herself by stealing when she encounters something she can’t resist–books. With the help of her accordion-playing foster father, she learns to read and shares her stolen books with her neighbors during bombing raids as well as with the Jewish man hidden in her basement.

In superbly crafted writing that burns with intensity, award-winning author Markus Zusak, author of I Am the Messenger, has given us one of the most enduring stories of our time.

 

本泥棒

本泥棒

 
Book Thief [DVD] [Import]

Book Thief [DVD] [Import]

 

 

The Paper Magician
The Paper Magician (The Paper Magician Series, Book 1)

The Paper Magician (The Paper Magician Series, Book 1)

 

・Length: 226 pages (Contains Real Page Numbers)
・Word Wise: Enabled
・Whispersync for Voice: Ready
・Audible Audio Edition:有[$10.49→$1.99 ]

オシャレな表紙と、“The Paper Magician”という読子・リードマンのようなタイトルにビビッときてしまった。
Audible Audioが安いというのも魅力。

Ceony Twill arrives at the cottage of Magician Emery Thane with a broken heart. Having graduated at the top of her class from the Tagis Praff School for the Magically Inclined, Ceony is assigned an apprenticeship in paper magic despite her dreams of bespelling metal. And once she’s bonded to paper, that will be her only magic…forever.

Yet the spells Ceony learns under the strange yet kind Thane turn out to be more marvelous than she could have ever imagined—animating paper creatures, bringing stories to life via ghostly images, even reading fortunes. But as she discovers these wonders, Ceony also learns of the extraordinary dangers of forbidden magic.

An Excisioner—a practitioner of dark, flesh magic—invades the cottage and rips Thane’s heart from his chest. To save her teacher’s life, Ceony must face the evil magician and embark on an unbelievable adventure that will take her into the chambers of Thane’s still-beating heart—and reveal the very soul of the man.

From the imaginative mind of debut author Charlie N. Holmberg, The Paper Magician is an extraordinary adventure both dark and whimsical that will delight readers of all ages.

Short-Listed for the 2015 ALA Fantasy Reading List

2巻まで出ているようだ。

The Glass Magician (The Paper Magician Series, Book 2)

The Glass Magician (The Paper Magician Series, Book 2)

 

 

The Evolution of Calpurnia Tate
The Evolution of Calpurnia Tate

The Evolution of Calpurnia Tate

 

 ・Length: 352 pages
・Whispersync for Voice: Ready
・Audible Audio Edition:有[$17.49→$3.49]

こちらもオシャレな表紙に引かれた1冊。影絵のイラストがすてきだ。

日本では『ダーウィンと出会った夏』というタイトルで2011年にほるぷ出版から翻訳版が出されている。

自然科学のおもしろさに目覚めていく少女の物語らしい。
自然科学の英単語を学ぶのにいいかも。

Word Wise未対応だが、Audible Audioは安い。

1899年、新世紀を目前にしたテキサスの田舎町。11歳のキャルパーニアは、変わり者のおじいちゃんの「共同研究者」となり、実験や観察をかさねるうち、しだいに科学のおもしろさにひかれていきますが…。ニューベリー賞オナー作。

Calpurnia Virginia Tate is eleven years old in 1899 when she wonders why the yellow grasshoppers in her Texas backyard are so much bigger than the green ones.With a little help from her notoriously cantankerous grandfather, an avid naturalist, she figures out that the green grasshoppers are easier to see against the yellow grass, so they are eaten before they can get any larger. As Callie explores the natural world around her, she develops a close relationship with her grandfather, navigates the dangers of living with six brothers, and comes up against just what it means to be a girl at the turn of the century.

Debut author Jacqueline Kelly deftly brings Callie and her family to life, capturing a year of growing up with unique sensitivity and a wry wit.

The Evolution of Calpurnia Tate is a 2010 Newbery Honor Book and the winner of the 2010 Bank Street - Josette Frank Award.

2巻も出ている。

The Curious World of Calpurnia Tate

The Curious World of Calpurnia Tate

 
ダーウィンと出会った夏

ダーウィンと出会った夏

 

 

The Girl Who Circumnavigated Fairyland in a Ship of Her Own Making
The Girl Who Circumnavigated Fairyland in a Ship of Her Own Making

The Girl Who Circumnavigated Fairyland in a Ship of Her Own Making

 
The Girl Who Circumnavigated Fairyland in a Ship of Her Own Making

The Girl Who Circumnavigated Fairyland in a Ship of Her Own Making

 

・Length: 247 pages (Contains Real Page Numbers)
・Whispersync for Voice: Ready
・Audible Audio Edition:有[$17.49→$2.99]

 

表紙の独特なイラストと赤の色彩がいいなぁ、と思った作品。

日本では早川文庫から『宝石の筏で妖精国を旅した少女』というタイトルで2013年に翻訳されている。本屋で文庫を見かけて気になっていた本だったから、ちょうどよいかも。

表紙のイラストのような、「ドラゴンと少女」ってテーマはやっぱりワクワクする。
内容はというと、少女が妖精の国に旅立ち、冒険する話らしい。
女の子が主人公の話は好きだ。

Word Wise未対応だが、Audible Audioは安い。

ある日、12歳の少女セプテンバーの前に、空飛ぶヒョウにのったおじさんが現われました。「わしは“緑の風”という風の精じゃ。妖精国に行ってみたいとは 思わんかね」退屈な毎日にうんざりしていたセプテンバーは、迷わず誘いに飛びつきます。不思議な門をくぐり抜け、妖精国へと入った少女は、魔女の姉妹や人 間狼、智竜や付喪神と出会って、思いもかけぬ冒険を!?ローカス賞に輝く21世紀版『不思議の国のアリス』登場。

 

続刊も発売中。

The Girl Who Fell Beneath Fairyland and Led the Revels There

The Girl Who Fell Beneath Fairyland and Led the Revels There

 
The Girl Who Fell Beneath Fairyland and Led the Revels There: 2

The Girl Who Fell Beneath Fairyland and Led the Revels There: 2

 

日本語版は両方翻訳済み。

宝石の筏で妖精国を旅した少女

宝石の筏で妖精国を旅した少女

 
影の妖精国で宴をひらいた少女

影の妖精国で宴をひらいた少女

 

 

The Secret Garden
The Secret Garden (English Edition)

The Secret Garden (English Edition)

 

 ・Length: 250 pages (Contains Real Page Numbers)
・Word Wise: Enabled
・Whispersync for Voice: Ready
・Audible Audio Edition:有[$20.97→$2.99 ]

 

言わずと知れた児童文学の名作『秘密の花園』。
ランキングに上がってたの、なんでだろう?

児童文学と良いながら、英語で読むには難しかった記憶があるが、Word Wiseにも対応してる!
Audible Audioも安かった。

愛情に飢えた生意気な少女が伯父に引き取られ、イギリスの庭園を通して変わって行く様子、少年との出会い、悲しみから立ち直れなかった伯父をも変える様は児童文学ならではの展開。
僕は福音館の翻訳で、大人になってから読みました。

古典なので無料版でも大量にあるでしょうが、Audible Audio対応版として、メモ。