読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hint!

日々気付いたことをブログで残しています。行き当たりばったりです。

英語は「書く」から始めるのが上達の近道? 5行エッセイのススメ

英語がペラペラになる学習方法 5行エッセイ

f:id:hint_life:20150603093613j:plain フリー写真素材ぱくたそ モデル クリスティーナ

 

英語がペラペラに話せたら……と夢見る人は多く、ちまたには英語学習法が溢れています。

そんな英語学習法法のひとつが、「5行エッセイ」。

上記記事より。

 

話せるようになる英語学習は「書く」ことから?

英語を話すことより、英語を書くことのほうが、ハードルが低いのですね。書くときは、しっかりと時間に余裕を持って自分の考えを整理することができます。一方、話すとなると相手が目の前にいるので、ゆっくりと考えている暇もありません。

逆に言えば、そもそも書けない英語は、どんなに頑張っても話すことができないのです。ですから、英語を話したいのであれば、まずは書くことから始めるほうが入りやすいですし、何より簡単なので、挫折しにくいのです。

具体的な学習方法として著者が薦めているのは、英語で「5行エッセイ」を書くこと。そのポイントは以下3点。

ルール1 結論を書く
ルール2 理由を3つ挙げる
ルール3 結論を繰り返す

著者が言うには、5行エッセイを書くとき、色々調べ物をして自分の言いたいことを英語にしていくから記憶が定着するのだとか。
さらに文章を音読するなどして、口から出てくるように訓練するそうです。

 

一時期「英語日記」学習ブームがありましたが、日本人には「話す」よりはハードルが低いかもしれませんね。

グローバル時代を生き抜くためのハーバード式英語学習法

グローバル時代を生き抜くためのハーバード式英語学習法